※このコーナーは、『韓国語ジャーナル hana』の定期購読者に送付されている会報誌『hana通信』の「嗚呼、副編 懐かしのK-POP」を再編集したものです。

『韓国語ジャーナル hana29号』の特集内、90年代の音楽紹介に登場した歌手の中で、当然このコーナーで紹介したと思っていたレジェンドがいました!

その男こそ、そう韓国一ノースリーブが似合う男、박진영。日本で大流行した『Nizi Project』のプロデューサーとしてご存知の方も多いのでは?

JYPエンターテインメントの創業者で、音楽プロデューサーとして名だたる人気アーティスト、ヒット曲を世に送り出してきました。でもこの人自身の持ち曲は、日本ではあまり知られていないように思います。

1994年に「날 떠나지 마(僕からさらないで)」でデビュー。独特な外見と、キレッキレのダンス、圧倒的な歌唱力、そして奇抜が過ぎるセクシーなファッションで、デビュー当時は「あいつは何者?」と話題沸騰。でも「嫌よ嫌よも好きのうち」とばかりに、少しずつお茶の間に浸透していきました。

代表曲を紹介すると、まず96年発売のダンスミュージック「그녀는 예뻤다」ハスキーな裏声で歌う박진영節炸裂で、大ヒット

次に98年発売のファンキーなメロディーに、ださ過ぎて一周回ってすげーかっこいい振り付け「허니」があります。

そして副編的박진영といえば、この曲!というのが2001年発売の「난 여자가 있는데」。恋人がいるのに、他の女性を好きになってしまった男心を切なく歌いあげています。ミュージックビデオではタップダンスも披露していて、それがかっこいい!

ちなみに박진영プロデュースのgodの4集に「나 남자가 있어」というアンサーソング(?)が収録されており、併せて聴くと一層楽しめます。

そして、ストーカー男の気持ちを歌った歌詞が気持ち悪すぎて面白い「니가 사는 그집」。全体的に気持ち悪いんだけど「니가 낳은 그 아이까지도 모두가 내 아이였어야해」って歌詞なんかゾッとします。ミュージックビデオも相当狂気なので、ぜひご覧あれ。

ちなみにノースリーブがトレードマークと言いましたが、実はもう一つ彼のトレードマークがありまして、ぜひ「박진영 비닐바지」で検索してみてください。キモかっこいい박진영、大好きです!