今号の特集は「覚えておきたい体の慣用句77」。韓国語には多くの慣用句が存在しますが、日本語の慣用句とほとんど同じ言い回しのものもあれば、배가 아프다(直訳:おなかが痛い/意味:ねたむ、焼きもちを焼く)のように、学ばないと到底その意味が分からないものもあります。本特集では、慣用句の多くを占める体の部位を含むものにしぼり、やさしいものから難しいものまで、ぜひ覚えておきたい77の表現を学んでいきます。

 

特集記事の音声はこちら(12月29日以降利用可能)からダウンロード可能です。
※ダウンロードにはパスワードが必要です。パスワードは、本書の4ページをご確認ください。