『韓国語学習ジャーナルhana』の人気連載「日本人が知らないネイティブの受け答え こんなとき、どういう?」が一冊の本になりました!

韓国人ならではのリアルな会話術を、目から耳から学ぶことができます。

1:豊富なフレーズ数。どんな状況でも答えられる!
連載で紹介したフレーズに加え、さらに新たに書き下ろしたフレーズもたっぷり! こんなときはどう言うのだろう?と、疑問に思ったときにパッと引いてすぐ使えるよう、「あきれたとき」「甘えるとき」「嫌みを言うとき」……と、五十音順で29の状況に分け、全222フレーズを掲載。使える表現を一つでも多く皆さんに紹介できるように努めました。

2:フレーズだけでなく、そのフレーズを使った会話例も掲載!
『hana 』ではフレーズの紹介だけでしたが、単行本では、フレーズがどのように使われるのか、会話例も掲載しました。韓国人たちが日頃話している会話を、そのまま本に閉じ込めたかのような、生き生きとした会話例が魅力です。

3:リアルな音声で、耳からも学べる!
掲載されているフレーズ・会話例すべての音声付き。さらに、韓国声優陣の迫真のやりとりで収録し、聞いているだけで楽しい教材に仕上げました。フレーズの発音はもちろん、言葉の抑揚や韓国人らしい会話のテンポを感じ取りながら学ぶことができます。

※本書の内容は2009年発売の『韓国語の対話の技術』の一部を流用しています。

※CDについて
本書付録のCD-ROMには、MP3形式の音声データが収録されています。MP3に対応していないプレーヤーでは再生することができません。ご注意ください。
再生するには、MP3に対応したプレーヤー、もしくはパソコンが必要です。
音声は、こちらのページからダウンロードすることも可能です。

音声ダウンロードはこちらから。 https://www.hanapress.com/archives/7629
(パスワードが必要です。パスワードは、kaiwajyutsuとなります)

※実際の本の文字やイラストの色は、紺色となります。